翻訳料のお支払方法について説明しています。翻訳代行サービスの依頼なら、世界のほんやく君をご利用ください。さまざまなお支払が可能です。

翻訳君のトップページのヘッダー画像です。お申し込みは簡単です。ご自分で見積もりをして原稿を送付するだけで翻訳依頼が可能です。翻訳家の決定から納品まで、最短2時間で可能です。翻訳料金は2100円(税込価格)から可能です。

翻訳料金のお支払方法

カード決済によるお支払い

銀行振込みによるお支払い

代金引換によるお支払い

※上記のお支払方法が選べます。

領収書が必要な場合は別途500円の発行手数料が掛かります。

カード決済によるお支払いについて。

カード決済は世界的に信用あるPayPalを使用していますので安心してご利用いただけます

翻訳文書をお送り頂いた後に、当社から正式見積り金額をメール致します。お見積り金額にご納得いただけましたら、メール記載のカード決済URLをクリックしてお支払いをお願いします。決済完了を確認次第、翻訳作業を開始させていただきます。

※カードは以下の会社をご利用いただけます。

翻訳サービスの決済可能カード会社です。

銀行振込みによるお支払い。

銀行、または郵便局がご利用いただけます。

翻訳原稿をお送り頂いた後に、当社から正式見積り金額をメール致します。お見積り金額にご納得いただけましたら、その金額をメール記載の当社指定銀行、または郵便局にお振込みください。お振込を確認次第、翻訳作業を開始させていただきます。

手数料はお客様のご負担となります。

代金引換によるお支払い(法人のお客様で過去にお取引がある場合のみ可)

郵便局の代金引換によるお支払いをご利用いただけます。

翻訳文書をお送り頂いた後に、当社から正式見積り金額をメール致します。お見積り金額にご納得いただけましたら、メール記載の連絡フォームより、正式ご発注依頼を行って頂きます。出来上がった翻訳書類を代金引換え郵便にてお送りいたしますので、商品と引換えに翻訳料金をお支払いいただきます。

※個人の方はご利用いただけません。過去にお取引がある法人登記されている場合のみご利用が可能です。

翻訳サポート

翻訳に関するさまざまなお問い合わせは、SUBメニューのお問い合わせからお願い致します また、お電話でも承っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

受付は平日の10時〜夜11時まで。千葉集中コールセンターまでお願い致します。

お電話でのお問い合わせは、翻訳君・千葉集中コールセンターまでお願いいたします。電話は048-755-9632です。

>>翻訳のご依頼に関するお問い合わせはフォームからどうぞ

翻訳代行サービスのワークスタイルについて

翻訳代行サービスを仕事とした場合のワークスタイルを考えてみましょう。

○在宅での翻訳代行サービス業務

在宅のフリーランスとしての翻訳代行サービス業務を行う方法としては、翻訳代行サービスを必要としているクライアントと直接契約場合と翻訳会社という翻訳代行サービス専門のエージェントに登録し、そのエージェントから仕事を振分けてもらう方法の二種類があります。直接契約の場合は、以前勤めていた翻訳代行サービス会社から仕事を受注する場合や、知人の紹介がある場合など、特別の繋がりが構築されている場合に限られてきます。このため、一般的には翻訳代行サービス会社に登録し、仕事を獲得する場合が中心となります。翻訳代行サービス会社への登録には、翻訳代行サービス会社が準備するトライアルという試験を受けて合格することが前提条件となります。また、在宅のフリーランスを希望する場合での、最初から在宅のみで仕事を始める人は少数派といえます。翻訳代行サービスとして駆出しの頃には社内にて翻訳代行サービスとして経験を積をつむのが一般的です。

○社内翻訳での翻訳代行サービス業務

社内にて翻訳代行サービスとして仕事をすることは、翻訳代行サービスの生命線である専門知識の吸収や技術力の向上に役立ちます。安定した収入も大きな魅力といえます。最終的に在宅のフリーランスを希望する場合も、一度は社内にて翻訳代行サービスの経験を積むおすすめをします。現場に身を置いて翻訳代行サービスという仕事が業務全体の流れの中の一部であることをきちんと理解することは重要です。業務全体の流れをし良くするための工夫や気配りなどは在宅フリーランスでは得がたいものですが、こういった視点は必要不可欠です。翻訳代行サービスとしての修行のためには、複数の会社での勤務がおすすめです。会社によって様々な方針ありますが、1社のみの勤務だと、その会社の方針が絶対的なものと思い込んでしまう傾向があります。複数の会社に勤務にすることによって、自分の翻訳代行の偏りや誤り客観視することが可能になります。こういった経験が在宅フリーランスになったとき、どの様なクライアントにも受け入れられやすく、かつ普遍的な翻訳代行サービスが可能になります。一般的に、翻訳代行サービスを目指す人材が社内にて翻訳代行サービスを経験してひとり立ちできるまで、およそ3年といわれています。翻訳代行サービスを志ざす方の中には、種種多様な事情で在宅で働けるからこそ目指すという方も多いことと思います。しかし、技術向上や専門知識の獲得の面でも、翻訳代行サービスとしての飛躍のためにも、社内にて翻訳代行サービスとして、多少の遠回りをする価値はあると思います。機会ががあれば、三年以上、複数の会社での社内にて翻訳代行サービス経験は是非、おすすめです。

○翻訳代行サービス専門の派遣社員

あらかじめ人材派遣会社に登録し、大きな企業が一定期間、集中的な業務として翻訳代行サービスの作業するような場合に、翻訳代行サービス専門として派遣してもらうことができます。翻訳代行サービスの経験が少ない人の場合は、このような形で経験を積を積んだり、知識を深める一つの方法といえます。


●●●資料・文献翻訳情報提供先 : 翻訳会社の検索サイト●●●

ここはサブメニューです。翻訳を依頼される方はぜひお読みください。

※ポップアップブロックを有効にしている場合上記のSUB-MENUやフラッシュが表示されない場合があります。メニューバーの「ツー ル」〜「ポップアップブロック〜」で無効に設 定して頂くとご覧になれます。

障害者の方へのお知らせです。お客様の声も掲載しています。

※翻訳者募集中です

弊社では、優秀な翻訳家を随時募集しています。

※相互リンク募集中です!

翻訳サイトの相互リンクを募集しています。

相互リンク集