翻訳会社の翻訳代行サービス。翻訳の依頼なら、世界のほんやく君をご利用ください。全世界の言語を翻訳サービスいたします。

翻訳君のトップページのヘッダー画像です。お申し込みは簡単です。ご自分で見積もりをして原稿を送付するだけで翻訳依頼が可能です。翻訳家の決定から納品まで、最短2時間で可能です。翻訳料金は2100円(税込価格)から可能です。

ユビキタス(Ubiquitous)とは?

ユビキタス(Ubiquitous)とは?
それが何であるかを意識させず(見えない)、しかも「いつでも、どこでも、だれでも」が恩恵を受けることができるインターフェイス、環境、技術、翻訳代行サービス業務等のことである。 ユビキタスは、翻訳代行サービス業務やいろいろな分野に関係するため、『ユビキタスコンピューティング』『ユビキタスネットワーク』『ユビキタス社会』のように言葉を連ねて使うことが多い。現在「ユビキタス」の厳密な定義は出されていないが、標準化団体であるW3Cでは2006年、「ユビキタス」に関するワークショップを設立し、国際標準の規格化に乗り出し,翻訳代行サービス業務等で積極的に採用されている。2007年4月には、日本での活動が展開されている。
ユビキタスという言葉は、他の言葉と組み合わせて使うことが多く、意味する範囲が明確に定義されているとは言いがたい。近年流行のバズワードのひとつとして使われている。現在、翻訳代行サービス業務で使われているのをはじめ、以下のような使い方をされている

  • 翻訳代行サービス業務等で使用されているユビキタスコンピューティング
  • コンピュータということを人に意識させないで、翻訳代行サービス業務や人の生活を支援する技術、環境。
  • コンピュータ本体だけでなく、翻訳代行サービス業務等で使用される各種デバイス、端末を含む。
  • ユビキタスネットワーク
  • コンピュータ同士が自律的に連携して動作することにより、翻訳代行サービス業務等で人の生活を支援する技術、環境。
  • 開発中の技術(センサーネットワーク等)だけでなく、既存の技術(インターネット、Web2.0を含む。
  • 翻訳代行サービス業務等で使用されているユビキタス社会
  • ユビキタスの技術により、翻訳代行サービス業務等を介し、人が人らしく支援を受ける社会。
  • ユビキタスネットワーク社会、ユビキタス情報社会と表現する場合もある。
    • ・事始め
    ユビキタスという言葉は、ラテン語の宗教用語であり、「神はあまねく存在する」という意味である。1991年に米ゼロックス(XEROX)社パロアルト研究所のMark Weiserが論文(The Computer for the 21st Century)に発表したのが最初といわれている。このとき彼は、ユビキタスという言葉の持つ『神の遍在』という意味を込めたわけではなかった。究極のインタフェースの理念は、それが何台のコンピュータであるとか、どのように接続されているかといった事象とは別の概念であることを強調したのだった。後に『遍在』という言葉が独り歩きしてしまったため、Weiserは"Calm Technology"という言葉を使うようになった。
    • 翻訳代行サービス業務等で使用されている日本におけるユビキタスの萌芽(TRON)
    Mark Weiserのユビキタスの論文より数年前の1984年に、ある東京大学助手はTRONプロジェクトを起こした。これが日本におけるユビキタスの始まりとされている。
    TRONでは、電脳住宅などユビキタス社会につながる実証実験が行われた。
    • 翻訳代行サービス業務等で使用されている日本におけるユビキタスの変遷
    TRONプロジェクトで翻訳代行サービス業務等で使用される電脳社会を実現するものとして、『どこでもコンピューター』という考えを提唱した。これが、「ユビキタス・コンピューティング」という言葉が日本に入ってきたときに受け入れる下敷きとなり、現在でも翻訳代行サービス業務等で見受けられるユビキタス社会を表現する言葉のひとつとなっている。国立国語研究所では、ユビキタスを表現する言葉として、「時空自在」と言い換える提案がなされたが、『翻訳代行サービス業務等で時空を飛び越えて、どこにでも行くことができるタイムマシンのようだ』との批判が多く、現在も検討中となっている。最近では、「ユビキタス」を表わす言葉として『翻訳代行サービス業務等を介して、いつでも、どこでも、だれでも』という言葉が、ユビキタスと共に使われることが多い。
    • 翻訳代行サービス業務等で使用されている「ユビキタス」に関する規格化、標準化
    「ユビキタス」の厳密な定義は、ユビキタスに関するコンソーシアム、各研究機関、政府機関、翻訳代行サービス業務等でで検討、提案されてきたが、規格化されてはいない。
    世界標準機構であるW3Cでは2006年、「ユビキタス」に関するワークショップを設立し、翻訳代行サービス業務等で国際基準の規格化に乗り出した。

    2007年4月に、W3CのWGが日本に設立された。「ユビキタス」の規格化、標準化へ向け、日本の各活動組織や翻訳代行サービス業務等との連携が行われている。

    • 翻訳代行サービス業務等で使用されているユビキタスと"ubiquitous"
    日本では"ubiquitous"の英語の元の意味である「遍在する」という意味を離れ、インターフェイス、環境、技術を念頭に置いた使い方(例えば、ユビキタス社会など)が1990年代後半から2000年代初頭にかけてよく見られるようになった。2002年には「情報通信白書」や翻訳代行サービス業務等にもみられるようになり、一般にも広く浸透するようになった。
    一方、国際的にも"ubiquitous"のこの用法が研究者間や翻訳代行サービス業務等でしばしば使われるようになった。2006年にはW3Cが"W3C Workshop on the Ubiquitous Web"というワークショップを開き、国際基準の規格化に乗り出している。
    なお"ubiquitous"は形容詞であり、名詞として使う場合は "ubiquity"であるので、日本語で「ユビキタス」を含む文章やタイトルを翻訳代行サービス業務等で英訳する場合は注意を要する。
    • 翻訳代行サービス業務等で使用されているデバイス開発によるユビキタス
    • ラテン語でUbiqueとは、「翻訳代行サービス業務等を介して、いつでも、どこでも」を表す一般的な用語であるが、英語のubiquitousには、「神は遍在する」という宗教観がある。欧米では「唯一神」が遍在するのに対し、伝統的日本の神は八百万の神であるということで、日本的ユビキタスを意識した、やおよろずプロジェクト(2003年度〜2005年度)が生まれた。
      • 今日では、翻訳代行サービス業務等をはじめとするユビキタス社会に遍在するサービスであるとの認識から、翻訳代行サービス業務等で使用されているユビキタスと神を結びつけることはなくなった。

ご注意事項。

翻訳言語により翻訳スタッフの手配が出来ない場合がございます。

翻訳スタッフの確保には最大の努力をしておりますが、特殊な翻訳言語の場合ご希望に添えない場合が発生します。あくまでも最高品質の翻訳を目指しておりますので、何卒ご了承くださいませ。

翻訳サポート

翻訳に関するさまざまなお問い合わせは、SUBメニューのお問い合わせからお願い致します また、お電話でも承っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

受付は平日の10時〜夜11時まで。千葉集中コールセンターまでお願い致します。

お電話でのお問い合わせは、翻訳君・千葉集中コールセンターまでお願いいたします。電話は048-755-9632です。

>>翻訳のご依頼に関するお問い合わせはフォームからどうぞ

●●●資料・文献翻訳情報提供先 : 翻訳会社の検索サイト●●●

ここはサブメニューです。翻訳を依頼される方はぜひお読みください。

※ポップアップブロックを有効にしている場合上記のSUB-MENUやフラッシュが表示されない場合があります。メニューバーの「ツー ル」〜「ポップアップブロック〜」で無効に設 定して頂くとご覧になれます。

障害者の方へのお知らせです。お客様の声も掲載しています。

※翻訳者募集中です

弊社では、優秀な翻訳家を随時募集しています。

※相互リンク募集中です!

翻訳サイトの相互リンクを募集しています。

相互リンク集