翻訳会社の翻訳代行サービス。翻訳の依頼なら、世界のほんやく君をご利用ください。全世界の言語を翻訳サービスいたします。

翻訳君のトップページのヘッダー画像です。お申し込みは簡単です。ご自分で見積もりをして原稿を送付するだけで翻訳依頼が可能です。翻訳家の決定から納品まで、最短2時間で可能です。翻訳料金は2100円(税込価格)から可能です。

字幕とは?

字幕とは?
字幕とは映画テレビ等の映像メディアで、題名・配役・解説・会話等の情報を翻訳代行サービスに依頼して文字を用いて表示する画面、もしくは翻訳文の総称。

上映される国の共通語以外の言語で演じられる映画TVドラマなどの画面上に、会話や場面の内容を把握するために添付される翻訳代行サービスの文章。また、画面やフィルム上にそのような処理をほどこすこと。
英語
映画に添付する翻訳字幕は、日本ではこれまでは独特のタッチの手書き書体が使われてきた。その字体に魅力を感じる層がいる事を反映してか、この字体を模したフォントも存在する。

テレビ放送における字幕放送のこと。また、通常のテレビ放送における「テロップ」を指すこともある。ことに最近では、日本バラエティ番組などでは会話の内容を把握・または強調、翻訳代行サービスするために、会話の部分にもテロップをつけるケースが多い。

翻訳代行サービスの一般的な用語

・タイトル (title)

一般の翻訳字幕を意味する語。ただし、翻訳字幕以外にも意味が多いため、単なる「タイトル」という語はあまり使われない。

・キャプション (caption)

題名や説明等で用いる文章。翻訳代行サービスで字幕一般の意味で使うこともある。

スーパーインポーズ (super-impose, super-imposing method)

映画フィルムの映像技術用語の一つ。元来は複数のものを重ね合わせる意味で、映画フィルム上に翻訳代行サービスの字幕を書き込んだフィルムを載せて焼き付けたことから、こう呼ばれる。転じて、(フィルムに限らず)映像に図や文字や他の映像を重ねること、または重ねたもの。スーパーインポーズでつけられた翻訳字幕を字幕スーパーと呼ぶ。

・テロップ (telop, television opaque projector)

元はオペークプロジェクタ商標。それから一般名詞化し、翻訳代行サービスやテレビ放送等の画面に文字や図を重ね書きする装置。もしくは重ね書きした文字や図。

翻訳代行サービスの翻訳関係

・サブタイトル (subtitles)

音声の内容を文字にし、映像に上書きしたもの。翻訳代行サービスや、聴覚障害者対応のためにつけられる。

翻訳代行サービス日本語字幕

日本語による翻訳字幕。通常、他国語のコンテンツを日本語に翻訳代行サービスしたサブタイトルのこと。

ファンサブ

ファンボランティアで他言語に翻訳代行サービスしたサブタイトル。

・中間字幕 (insert title)

サブタイトルと同様に音声の内容を文字にしているが、カットインする、つまり、映像を中断して暗転した画面に表示する。無声映画に使われ、トーキーの出現により姿を消した。

○聴覚障害者関係

文字多重放送 (teletext)

テレビ・ラジオ放送の空き帯域を使って文字情報を放送する技術。主に翻訳代行サービスの字幕に使われるが、他の用途もある。

翻訳代行サービスの字幕放送

字幕に文字多重放送を使ったテレビ放送。ただしまれに、英語コンテンツの放送で吹き替え放送に対する語として使うこともある。

クローズドキャプション (closed caption)
アメリカ合衆国の文字多重放送規格。受像機への対応が義務付けられているが、通常の受像では隠されている。日本では翻訳代行サービスの字幕放送と同義で用いられることもある。ビデオのパッケージにはCCと表示される。

リアルタイムキャプション

生放送番組にリアルタイムで翻訳代行サービスの字幕をつけること。

○クレジット関係

クレジットタイトル (credit titles)、クレジット (credit)

各種権利者・関係者の表示。スタッフ出演者著作権者などを表示する。

・オープニングクレジット (opening credit)、エンディングクレジット (ending credit, closing credit)

コンテンツの最初と最後に表示されるクレジット。映画では、オープニングでは主要なクレジット、エンディングでは全てのクレジットが表示されることが多い。

・ロール (roll)

画面内を下から上へ(縦書きでは左から右へ)流れる翻訳代行サービスの字幕。ロールとは巻物の意味で、かつては巻物に翻訳代行サービスの字幕を書いてそれを開くさまを撮影したことに由来する。

・スタッフロール (staff roll)

スタッフ、あるいはクレジット全般を表示するロール。

・エンドロール

エンドクレジットにロールを使ったもの。

翻訳代行サービスサブタイトル

広義の翻訳字幕のうち、音声の内容を(必要なら翻訳代行サービスに代行依頼する)文字にして画面内に表示させるものをサブタイトル(複数形subtitles) という。サブ (sub) と略す。同様に音声の内容を表す翻訳字幕である中間字幕が画面の中央に表示されるのに対し、画面の下辺部 (sub) に表示されることからこう呼ばれる。ただし、まれに上辺部や、(縦書きできる言語では)左右辺部に表示されることもある。

本来の音声を何らかの理由で利用できない視聴者のために用意される。具体的な用途には以下のようなものがある。
翻訳

他言語の話者のために、翻訳代行サービスの字幕にするものである。

翻訳代行サービスの字幕を付ける場合は、音声の内容以外に、映像に元からあった説明などの翻訳字幕や、被写体に書かれた文字なども、内容を理解するために必要ならば翻訳代行サービスに依頼して表示される。

サブタイトルの表示に使われる技術は、翻訳代行サービスやメディアによって異なる。

・映画では、スーパーインポーズを使って、フィルムに直接書き込まれる。

・テレビでは、かつて撮影にフィルムが使われていた時代には、映画同様スーパーインポーズが使われた。現在では、ビデオ編集技術でビデオ信号を加工する。

DVD以後の映像ディスクでは、字幕専用の英語字幕トラックを使う。必要がなければ消したり、(用意されていれば)複数言語を切り替えたりできる。

動画ファイルでは、Oggなど近年のマルチメディアファイルフォーマットは字幕ストリームを使える。ただし、今も広く普及しているAVIは字幕ストリームをサポートしていない。

○聴覚障害者対応

聴覚障害者のためにつけられる翻訳代行サービスの字幕である。

聴者健常者)のための字幕と異なり、必要があれば物音なども翻訳代行サービスの字幕として表示される。

テレビ放送では、字幕は聴者にとって視聴の妨げとなるため、文字多重放送を使って翻訳代行サービスの字幕が送られる。対応していない受像機では翻訳字幕は表示されない。ただし、聴覚障害者を視聴者に想定した番組(手話放送など)では、通常の翻訳字幕を表示することもある。

○その他

中国語は、地域によって発音の差が激しく、標準語(普通話)をリスニングできない者も多い。一方、書き言葉の差異は少なく、広い地域で標準語が理解される。このため、中国語圏の映像作品には、中国語の音声に対し中国語翻訳代行サービスが多い。

音楽番組(主に地上波テレビ)やカラオケでは、歌詞翻訳字幕で表示される。

語学学習者のために翻訳字幕がつけられることもある。

ご注意事項。

翻訳言語により翻訳スタッフの手配が出来ない場合がございます。

翻訳スタッフの確保には最大の努力をしておりますが、特殊な翻訳言語の場合ご希望に添えない場合が発生します。あくまでも最高品質の翻訳を目指しておりますので、何卒ご了承くださいませ。

翻訳サポート

翻訳に関するさまざまなお問い合わせは、SUBメニューのお問い合わせからお願い致します また、お電話でも承っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

受付は平日の10時〜夜11時まで。千葉集中コールセンターまでお願い致します。

お電話でのお問い合わせは、翻訳君・千葉集中コールセンターまでお願いいたします。電話は048-755-9632です。

>>翻訳のご依頼に関するお問い合わせはフォームからどうぞ

●●●資料・文献翻訳情報提供先 : 翻訳会社の検索サイト●●●

ここはサブメニューです。翻訳を依頼される方はぜひお読みください。

※ポップアップブロックを有効にしている場合上記のSUB-MENUやフラッシュが表示されない場合があります。メニューバーの「ツー ル」〜「ポップアップブロック〜」で無効に設 定して頂くとご覧になれます。

障害者の方へのお知らせです。お客様の声も掲載しています。

※翻訳者募集中です

弊社では、優秀な翻訳家を随時募集しています。

※相互リンク募集中です!

翻訳サイトの相互リンクを募集しています。

相互リンク集